2017年05月30日

私は不死の可能性を有している

私とは何か

私は脳で思考している。
脳は私か
MECEを活用せずとも抜け漏れがあるのは自明

脳とそれ以外の体を形成する有機物で抜け漏れはないはず

脳と外部情報を受信するその他有機物。
細かく言えば生命維持等の器官とかに細分できるが無視

脳だけでは外部情報がインプットされないので記憶ゼロスタートであれば、
思考不可となる。

これを考えれば外部情報を受信するその他有機物は非常に重要だ。

情報は視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚 的な感覚で受信している。
受信した情報を蓄積し、蓄積した情報を組み合わせ、思考を成す。

私は脳とそれに接続したその他有機物で思考をしている。
なら、私は脳とそれに接続したその他有機物で思考している人に属した生き物と結論

では、私が死ぬとは何か。
死ぬとは自分を形成する有機物クラスターがゲシュタルト崩壊したようなものか
そうなったら、んー要は生命機能が停止し朽ちたら、思考できなくなるのか。
このことは脳とは量子コンピュータ的なものと仮定した場合、
生涯蓄積した量子化した情報は消滅するということになるか

量子もつれで情報はテレポートするらしい。
量子もつれにある対を無限遠に引き離したとして、
一方の情報を読み取る、同時にもう一方の情報も決定する。

何が言いたい。
私の脳の記憶、即ち量子化情報(状態)と量子もつれにあるもう一方が
どこにあるかわかっていない今現在、(そもそもそんなのがない可能性もある)
あらゆる可能性が考えられる。

世界は私の情報と思考で形成している。
有機物が消滅しても、情報がどこかへテレポートする可能性がある以上、
私が死ぬと私を形成する有機物の消滅が等価であると結論することは難しい。
死ねば量子テレポートにより私の記憶情報が他の有機媒体に転移するかもしれない。

要は
私が死ぬとは私の有する情報の消滅である。

ただ、この結論は私の死を完璧に断言するのは多世界解釈的に難しく、
所謂、「一般的な死後」の世界の可能性を示唆しているものである。

posted by 猪瀬歩夢 at 00:25| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

人生得する人の特性


A氏:

私は今、上司X氏から説明を受けている。

「この上司、説明長くて、鬱陶しい上司だな」と眉をひそめる。


一方、B氏:

私は今、上司X氏から説明を受けている。

「この上司、丁寧に説明してくれていい上司だな」と胸を熱くする。


よくある話ではあるけれども、上記は同じ事象に遭遇した場合であっても、とらえ方は大別して二分される。ここで重要なのは上司Xの説明は相手を理解させるのに必要な情報を適切に提示しているため話が長くなるということである。


A氏とB氏どちらが人生で得するのか疑問に思わないだろうか。私の独断と偏見から結論を導き出そうと思う。

@ A氏はいうなれば人の悪いところを見るタイプ⇒ネガティブ観察型(N型)とする

A B氏は対称に人の良いところを見るタイプ⇒ポジティブ観察型(P型)とする


ではN型とP型について考えていく。

まず、N型は他者の悪いところを糧に自分を高める性質をもつ。要は相手を悪く見ることで自己否定を回避し、優位な心理的立場を維持する。このようなタイプは、自分より優位な人間を恐れ、その人を避ける、拒否する、否定する傾向にある。そのため、自分より才能の高い人間からの吸収は望めない。

また、悪いところを見るのに優れているので、賢い人間であれば、他者を反面教師と捉え、自分の行動に制限を課し、己の欠点を最小限に抑えることが可能だ。


次に、P型は相手の良いところを糧に自分を高める性質をもつ。このタイプは自分より才能の高い人間から吸収しようとするため、自分の才能の領域を拡大することができる。


以上より、N型は自己保守性が強いと言え、一方でP型は自己改変性が強いと言える。


従って、N型とP型のどちらが得するかという議論は、自己保守性か自己改変性のどちらが得かという議論に置き換えることができる。


自己保守性が強いタイプは自分が絶対的であるかのように錯覚し、自分を疑わない。そのため、問題があれば基本的に他人に原因があると考える。対して評価されるようなことがあれば、自分のお陰であると主張するだろう。

一方で、自己改変性の強いタイプは自分より他者が優れていると考え、問題が起こればまず自分に原因があると考える。評価されれば他人がいてこその評価であると謙遜する。


この文章を書いているだけで自己保守性の強いタイプに対して嫌悪を抱くのだが。

まず、自己保守性タイプの成長曲線はせいぜい√Xだと思う。成長の傾きが負である理由は外から影響因子は近似的に0であり、自分の中にあるものだけを繋ぎあわせようとするためである。

そして、このタイプは自己中心的、利己的に見え周囲から距離を置かれ成果への相乗効果は見込めない。すなわち成果は自己の能力と等価である。


対する自己改変はこの逆で成長曲線はX^2であり、成果に対しては自分の能力に周囲からの相乗効果が加味され、指数関数となる。


みなまで言わなくても結論は自己改変性のP型が得するタイプである。


うん、P型に幸あれ

タグ:人生
posted by 猪瀬歩夢 at 22:31| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

私の世界の危機


私の世界

山あり谷ありの環境であっても平和だった私の世界

最近やたら攻撃を受けている。たった一機の戦闘機にだ。
たかが一機に揺さぶられる私の世界。
こんなに弱かったのかと急いで地を固めるが間に合わない。
戦闘機は実弾等で攻撃はしないが、領空侵犯等の嫌がらせを随時行う。
警告を出しても嫌がらせは一定時間とまらない。
嫌がらせに飽きると戦闘機は自己中心的かつ友好的に接っしてくる。
対応に困惑する毎日である。




続きを読む
タグ:危機 世界
posted by 猪瀬歩夢 at 21:04| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

トラウマ以外に嫌いなものは本当に存在するのか。


特技は何。と聞かれ、
今はありませんと一拍おいて答えた。

それでは好きなことは何か。と聞かれれば、
アニメ、漫画、哲学、宇宙学、量子学、相対性理論、もしくは現実離れした未知の何かと答えよう。

好きなこととは何ですか。と聞かれれば、
興味があることと答えよう。

興味とはなんですか。と聞かれれば、
自発的に吸い寄せられる現象もしくは物事だと、言葉に詰まりながら答えるだろう。

興味があるとあなたはどうなるのですか。聞かれれば、
興味があることを趣味として実践するようになると、鬱陶しさを覚えながら答えるにちがいない。

私の心境を察した上で、以上の事から結論を述べよ。と恐喝されれば、
しぶしぶ、「自発的に脳内に保存される好奇心を抱く知識全般に付随する体系が興味であり、興味に対する知識を好きなことと認識し、それを主体的に取り入れようとしている現象そのものが趣味である。趣味を極めたものが特技かな。」
と、まとまりのない文章で答える。

この結論をなにか発展できないか、考える心的余裕が生まれたので、以下でやってみる。

まず思考の起点として、好奇心について考えよう。
知的好奇心には全ての知は含まれていないように感じる。
なぜなら、好きなことに対称的な嫌いなことは脳が自発的にその情報の流入を拒否する。
さらに、興味がもてないことに好奇心なんて生まれない。
言ってしまえば、好奇心を感じない物事なんて、正直つまらないのだからみなまで言わなくても
当たり前である。これが、直感的な発言であるは流しておこう。

では、次に何が好き嫌いのトリガーになっているかについて考えるてみよう。
好きなことに付随する情報は脳へ貯蔵しやすく、脳からの放出もしやすいと経験則的に理解される。
ここで、この情報の出し入れの易さは何が決めているのかについて、脳の記憶システムに照らしながら、
考えてみる。脳科学によると海馬や側頭葉にある神経細胞同士の接続パターンが記憶であり、関連性の強い記憶の神経細胞は複数の同じ神経細胞を共有しているらしい。いや、記憶Aの接続パターンと記憶Bの接続パターンが繋がり記憶Cという神経細胞のネットワークが構築され関連性が強固になり、強く記憶されると表現した方が正しいか。このように、情報を強く記憶するまたは記憶し続けるには、神経細胞同士のネットワークが重要であることは理解できるであろう。また、神経細胞のネットワークが小さければ、思い出すという行為も難しいのは確率論で考えれば、分かるだろう。したがって、脳内の神経細胞のネットワークが情報の出し入れのしやすさを決めている。すなわち、巨大または強固なネットワークに関連した情報であるほど、好きな情報に分類されるのだと言えるのではないかと考える。
以上より、好き嫌いのトリガーとは既存の繋がりのある知(に関連するか否か)であると考える。

この好き嫌いのトリガーが既存の知であるならば、それ以前の知はどうなのか。という疑問が生まれる。
知の原点はこの世に生を受けたときからである。補足をしておくが、印象の強い未知の事柄に関しては本能的に記憶は活性化される。この状態が、幼い時はより顕著ということだ。この幼い時に記憶した知の傾向が、将来の好き嫌いを左右すると考えられる。

ここまで述べてきたことは、裏を返せば嫌いなことは好きにすることができるということだ。
好きという感情は既存の繋がりあり知の量とその関連性に指数関数的に比例するのだから、嫌いなことや無関心なことに対して知を増やし、それら知のネットワークを構築すれば好きという感情が生まれる。ただ、苦汁を飲む努力は必要だ。

人間の脳は、ある情報に対してそれを知っていれば関連する既存の知が自発的に想起され、一方で既存の知に関連性の強い未知の情報であればそこに結びつくように記憶される。容易に知を引き出せ、さらに容易に関連する情報を記憶できる事柄に対して、嫌いという概念はトラウマを除けば存在しない。

以上をまとめると、、知を増やすことで好きという感情を創造し、そこから派生する興味を発展させ趣味とし、さらに極めると特技になる。
知を増やすことを意図的にできれば、好きなことなんて無限に作れるということである。

知の数で焼失するようなトラウマ以外の嫌いという感情は錯覚であり見かけ上の感情に等しい。

posted by 猪瀬歩夢 at 23:46| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング