2017年05月30日

私は不死の可能性を有している

私とは何か

私は脳で思考している。
脳は私か
MECEを活用せずとも抜け漏れがあるのは自明

脳とそれ以外の体を形成する有機物で抜け漏れはないはず

脳と外部情報を受信するその他有機物。
細かく言えば生命維持等の器官とかに細分できるが無視

脳だけでは外部情報がインプットされないので記憶ゼロスタートであれば、
思考不可となる。

これを考えれば外部情報を受信するその他有機物は非常に重要だ。

情報は視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚 的な感覚で受信している。
受信した情報を蓄積し、蓄積した情報を組み合わせ、思考を成す。

私は脳とそれに接続したその他有機物で思考をしている。
なら、私は脳とそれに接続したその他有機物で思考している人に属した生き物と結論

では、私が死ぬとは何か。
死ぬとは自分を形成する有機物クラスターがゲシュタルト崩壊したようなものか
そうなったら、んー要は生命機能が停止し朽ちたら、思考できなくなるのか。
このことは脳とは量子コンピュータ的なものと仮定した場合、
生涯蓄積した量子化した情報は消滅するということになるか

量子もつれで情報はテレポートするらしい。
量子もつれにある対を無限遠に引き離したとして、
一方の情報を読み取る、同時にもう一方の情報も決定する。

何が言いたい。
私の脳の記憶、即ち量子化情報(状態)と量子もつれにあるもう一方が
どこにあるかわかっていない今現在、(そもそもそんなのがない可能性もある)
あらゆる可能性が考えられる。

世界は私の情報と思考で形成している。
有機物が消滅しても、情報がどこかへテレポートする可能性がある以上、
私が死ぬと私を形成する有機物の消滅が等価であると結論することは難しい。
死ねば量子テレポートにより私の記憶情報が他の有機媒体に転移するかもしれない。

要は
私が死ぬとは私の有する情報の消滅である。

ただ、この結論は私の死を完璧に断言するのは多世界解釈的に難しく、
所謂、「一般的な死後」の世界の可能性を示唆しているものである。

posted by 猪瀬歩夢 at 00:25| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング