2013年02月07日

自身の成長を大切に。


異性にモテようとして、モテテク等を必死に勉強するよりも、
まずは自分を成長させる方が優先ですよね。

表面だけ良くしても、中身が悪ければ、いつまで経っても幸せな恋愛はできないでしょう。
表面でけに満足するのなら、そういう生き方もいいでしょう。
でも、やっぱり人生長いのだから、その時間を有効に使いたいですよね。
人間みんな、自分が主役なのだから、いい人生をおくりたいでしょう。
自分をよくするためには、考え方を改善すればいいのです。(簡単ではありませんが)

いい考えができれば、いい人間になれます。
このことを念頭に置き、できるだけ素晴らしい言葉、考えに触れ、感動すべきです。
人間、感動等の刺激に触れたとき、脳は活性化し、その経験が強く記憶され、その経験が自分の個性を創るのだから。

私が好きな名言を紹介します。

ジョン・ワナメーカー
一生に一度も親切な行為をせず、人に真の喜びを与えず、人助けもしないで過ごすことは、老後の人生を美しく照らしてくれる、楽しい記憶を手に入れそこなうということである。

この名言に触れて・・・
老後の人生は友人の数は減っていく中、楽しみといえるのは昔の思い出に浸ること。だから、いま私たちは、老後を楽しむために、楽しい記憶を創造しなくてはならないのだと、強く実感しました。

楽しい記憶・・・彼氏・彼女との思い出も若い今、でしかできないでしょう。つらい経験を人生の糧になりますが、それでも楽しい方がいいでしょう。だから、マンネリ化や喧嘩になっても親切を持って相手と接するように心がけたいものですね。

カセネ
人間が一人でもおれば、必ず親切にしてやる機会がある。

という考えを常に持っておくべきですね。

ガートルード・スタイン
私は人と親しくなるのが好きです。親しくなっても私は人をみくびりません。いっそう親しくなるだけです。

というような、考え方もできるといいですよね。親しい相手には、どうしても気を使えなくなってしまいますよね。相手への行いは、すべて自分に返ってくる、反映していることを、私たちは気づかなければなりませんね。やっぱり人付き合いは、見返りを求めていたら人生負け組ですね。最後に・・

デール・カーネギー
幸福になりたければ、やれ恩を返せだの恩知らずだの言わないで、人に尽くす喜びだけを生きがいにしようではないか。

【送料無料】D・カーネギー人生論新装版 [ デール・カーネギー ]
posted by 猪瀬歩夢 at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ