2013年02月18日

人に好かれる術とは

憧れな人に好かれたいという願いは、だれもが抱くだろう。そのためには一緒に楽しみを共感できる仲になることが秘訣であろう。自分が常に笑顔でいられることも重要だが、相手が笑顔であることも、それと同じくらい重要である。自分が笑っていたとしても、相手が笑っていなければ、その時の楽しさを共感したことにはならない。一緒に笑うことに意味があるのだ。そこで、ジョーゼフ・アディソンの言葉を聞いてほしい。

ジョーゼフ・アディソン
人に真に好かれるには、相手がだれであろうと、共に大いに楽しんでいる様子を示すことだ。その際、相手を楽しませようとするより、むしろ相手と共に大いに楽しむのがよい。こうした気質の者は、たとえ大した教養や機知がなくても、常識があり、その立居振舞いに何となく人なつっこい所があれば、偉大な才能がありながらもこうした気質に欠ける者よりも、人の心を大きく動かす。

意中の人に好かれたいのなら、まず相手を選ばず、いろいろな人と共に楽しむことが重要である。いろいろな人と楽しみを共感できること無くして、意中の人とだけは共感できるなんて言う、できすぎた話はあるのだろうか。初めの内はできる人もいるだろうが、時間が経てば、楽しみを共感できなくなってしまうのではないだろうか。それは、相手とのマンネリ化が原因だろう。しかし、誰とでも楽しみを共感できる人ならば、どんな相手でも楽しむ術を知っている。こうした者は、マンネリ化をものともしないだろう。幸せは半ば約束されている。そして、気づいてほしいのは、このような人には、たとえ教養がなくても、才能がなくても、容姿に恵まれていなくても、どんな人でも、なることができるのだ。今からでも遅くない。始めてみてはどうだろうか。人と共に楽しむ人生を。

【送料無料】ポケット名言集 [ 藤尾秀昭 ]
posted by 猪瀬歩夢 at 23:14| 愛媛 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ