2014年05月19日

彼女と別れた今

89f47ecd.jpg


別れた後。

彼女との思い出は掛け替えのないもの。彼女と過ごしてきた自分は本当に幸せだった。この幸せの記憶は生涯の宝物となるだろう。

別れて2週間たつだろうか。出会ったあの場景、告白する前の焦りと緊張からくる雰囲気、初デートの会話、夏祭りで電車に乗り遅れないように汗まみれで二人で走ったあの夜、旅行の移動で電車に揺られた時間、カラオケで歌ったあの曲・・・。すべてが懐かしく、悲しく切ない。もう。あの人と以前のような思い出をつくることはできないんだろうなぁと思うと、心苦しくなる。

しかし、とても幸せだった。嘘偽りない愛をもって彼女に接することができたと思う。全力を尽くした。後悔はない。さあ、前へ進もう。この記憶は老後の楽しみにとっておき、ぼくは前を向き今を全力疾走する。それが、彼女との思い出を無駄にしない唯一の方法。全力で進んで、いつの間にか長い年月を経て、老後に彼女と思い出話できたらいいなぁと、彼女との幸せな時間の余韻に浸る自分がそこにいた。
ラベル:別れ
posted by 猪瀬歩夢 at 21:45| 愛媛 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ