2014年05月26日

男女間の駆け引き

PAK93_kamikoppudekiku20140322500.jpg


学生の恋愛。男女間では学生ならではの駆け引きが行われる。男女でのあの醜いストレスの擦り付け合いは大人になってからはもう十分だ。

学生カップルでは相手を試すという意味で、わざとメールを遅らしたり無視したり、態度を冷たくしたりして距離を置いてこっちの出方を確かめようとするこういがよく実行されている。(出方というよりかは気持ちをといったほうが正しいのかもしれないが。)その駆け引きは体力を広大に消耗する。この駆け引きは互いにストレスでしかないのだから、することに意味があるのだろうかと感じられずにはいられない。

この駆け引きの際、相手の挑発に乗らず冷静に対応するのが吉だろう。大人であれば、駆け引きなんかで相手の気持ちを試すやり方はやめるべきだと切に思う。

まぁ、やめることは簡単ではない。駆け引きをするのにもちゃんとした理由がある。それは、相手の本当の気持ちが知りたいからである。恋人といえど違う人間。相手の本当の気持ちなんてわかるはずがない。このような互いに探り合いをする恋人関係であるのならば、早急に信頼ある関係を築かなければならない。

そのためには、嘘をつかず、思ったことを相手に伝える習慣をつけるべきだ。相手の嫌なところがあからさまであれば言いやすいのだが、少し嫌で耐えられる程度ならばほったらかすであろう。また、相手を怒らせたくないから言いにくいという上下関係のあるカップルもいるだろう。したがって、この思ったことを相手に言う習慣を達成するには互いで協力することが必須条件となる。

今は平等な関係が求められている。相手の悪いところ、嫌なところ、改善してほしいところを互いに言い合う習慣を作れば、互いの思っていることが分かるようになってくる。そうすると、相手への不満は溜まることなく、さらに相手の気持ちを分かっている分、こちらも注意して行動でき、無駄な争いを避けることができる。このようにして信頼関係が築かれるのではないかと考えられる。

現在、有吉やマツコなどの毒舌キャラクターが人気あるのも、自分の本心を公にすることで信頼を得ているためではないだろうか。すなわち、日本は現在、嘘偽らない人間を求める時代にあるのだろう。

嘘偽りない関係こそが、男女間のストレスを緩和し、よりよい関係を築き上げると思われる。
posted by 猪瀬歩夢 at 21:14| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ