2014年11月07日

愚かな女

私は思う


あゝ、なんと愚かな女だと…。

え?愚かな女とはどんな女かって?

解りました。愚かな女について教えましょう。


私の言う愚かとは勉強ができないとか、知識がないとか、そういった学生時代でいう馬鹿を示している訳ではない。私の言う愚かな女とは、自分の身を守る術を知らない無知な女すべてを指す。


今現在生きている以上は、自分の身は自己責任下で守るのは当たり前であり、自然なことであるはずだ。しかし、今現在、この世に生息する人間の女性はどれだけ自分の身を守る術を知っているのだろうか。

知らないでは、許されない。起こって後悔するのは目に見えているのだから、起こる前に身を守る術を身につけるべきであろう。


愚かな女の中には、男が私を守ってくれるから大丈夫と愚を極めた思考をするアホがいる。男がその女性から年中無休、目を外さずに見守ることはできるのかと、声を大にして叫びたくなる。男にも限界があるのだよ。だって、人間だもん。


無知の知とはよくいったものだ。自分が無知であることをまずは知らなければなるまい。このネット社会、プライバシーの意識は十分に薄れている。Facebook、ツイッター等の需要が高まるにつれ、寧ろ自ら進んで個人情報を全世界に向けて開示する傾向にある。しかし、自分のプライバシーを守ることは、自分を守ることと等価であるという意識が非常に薄い。自分の顔、名前、場所が特定されるだけで、様々な事件に巻き込まれる可能性が飛躍的に高くなることを一部の人間は知らない。このような人間は愚かだ。知ってなお、何かしらの対策をしているのなら別であるが、何の対策もせずに自分の顔、名前、場所をネットを通じて堂々と公開している人の心理的状況は異常と言わざるを得ない。


こういう、愚かな女は鈍感であるのは言うまでもなく、隙が星の数ほど多いのだから、犯罪心理の持ち主が狙うとしたら、こういう女を狙うのが妥当であろう。すべての女性に今一度自分に問うて頂きたいのは、自分の身は自分で守る意識があるかどうかだ。


男として、好きな女性を守りたいのは本能だ。だがしかし、その女性をすべてから守りきれると言えるほど、自惚れてはいない。すべてから守れないのが現実だ。だから、せめて、男の目の届かないところでは、しっかりと女性自身で自分の身を案じてほしいと思うのは我が儘なのだろうか。好きな女性を傷つけられた男は、やるせない気持ちでいっぱいだろう。男は女性を目の届くところに常にいるよう強制はできないのだから。


せめて、付き合う女性は、自分の身は自分で守れる人間であってほしいと願う自分がここにいた。




ラベル: 愚かな女
posted by 猪瀬歩夢 at 21:30| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ