2014年11月08日

芯のない人間のゆく末

芯がない。

芯のない鉛筆はただの木片だ。

では、芯のない人間は。


まあ、ただの人間だろう。


ただの人間で満足してはいけない。ただの人間とは人間に属しているというだけで個は尊重されていないのだから。虫や鳥、草木などの動植物の各々の個を尊重することはほとんどない。個を有すると自覚できるのは人と人とが作用し合い、互いに個を認め合っているからである。


このような個の強さは人それぞれで大小が異なる。個が強い人もいれば、個が弱い人もいる。個が限りなく弱ければ、その人は実際に存在してはいるが、他者から見れば赤の他人同様、ただの人間である。このとき個としては尊重されていない。


個の強さは何で決まるのか。それは各個人の芯の強さであろう。芯がなければ個はなく、ただの人間である。芯があって初めて他者から個が尊重されるのだ。ではその芯はどうすれば強くなるのか。


芯は、他者に共感してばかりいては弱くなり、やがて朽ち果ててしまう。すなわち、芯を強くするには他人の意見に共感してばかりいてはいけない。これまでのすべての経験(勉強も含む)を踏まえて得た、自己流の考えをもつことこそ、芯の強さであろう。この考えだけは譲れない、というようなスタンスでなければ、周りと同化しやがて個を無くす。


しかし、「芯が強くても周囲の人と協調することは可能である」ということには留意すべきだ。ただ、協調は表面的な相互作用であるため、芯の強弱に対して瞬間かつ直接的に影響を及ぼすことはない。しかし、持続的な協調においては、芯は打たれ弱い性質を持つ。なので、大したことのない事柄に関しては他者に意見を譲って共感しておけばいいのである(共感したふり)。そして、ここぞという時に、又はこれだけは譲れないという時に、自分の意見を発すればいい。そうすれば集団で孤立することなく芯の強い個を維持できるという訳である。


芯のないただの人間は無難であるが、なぜ自分がこの世で生を受けたのかの意味付けをする上では心もとないであろう。生きてる理由なんて、人間という集合体や地球規模、はたまた宇宙規模で考えたのなら特に意味などないであろう。しかし、我々個人には思考という能力が全ての人間に平等に与えられているのだから、個の思考により個の人生の意味付けをすることは可能である。個人の人生の意味付けは、芯がなければ絶対に達成できないであろう。なぜなら、芯は個を創り、個の思考により、オリジナルの世界観を創り、やがてその世界観が人生の意味付けを達成させるからである。


形ある物体はマクロの視点で見れば1つの物であるが、ミクロの視点で見れば多数の原子からなる集合体である。人間という枠組みも同様、マクロの視点ではただの人間であるが、ミクロな視点で個の集合体である。我々各個の視点は主にミクロ的視点であり、面識のない人の集合体を見たとき時、マクロな視点に切り替わる。しかし、一方で自分自身の事は、特殊な修行をしない限りは必ずミクロな視点で見ている。すなわち、自分自身の事は個として確かに認識しているのだ。


自分の個は確実に己自身で認識してはいるが、他者が自分を個として認識しなければ、自分の個としての認識が薄れ、やがて己自身の個すら無関心になる。己自身の個に興味がなくなれば、マクロの視点に切り替わり、己をただの人間としか認識しなくなる。これが上述してきた芯のない状態である。芯のない状態とは自分の人生に意味を見い出せない状態であり、これほど、生を受けた人間として不幸なことはあるまい。


そう、自分の人生の意味を見出すことこそ幸せだったと確信できる答えだからである。
posted by 猪瀬歩夢 at 20:15| 京都 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてこんにちは。
検索で見つけて読ませて頂きました。
ありがとうございます。
面白いなと思いましたので、気になったことを2点質問しようと思います。

個とは一般に個性と言われるものを指していますか?違いがあるならば教えてください。また、「個が尊重される」とは「芯が強いと認識される」ということですか?

よろしくお願いします。
Posted by 大学生 at 2016年02月19日 01:31
こんばんわ。
読んでいただきありがとうございます。

返事遅くなって申し訳ございません。

でわ、さっそく。
>個とは一般に個性と言われるものを指していますか?

そのように理解して頂いて問題ないと思います。ただ、一部、個=個人という意味で使っております。

>「個が尊重される」とは「芯が強いと認識される」ということですか?

大体はおっしゃる通りだと、理解してます。
ただ、他者が個性ある人に対して芯が強いと「認識」できているかはわかりませんので厳密に言えば、
個が尊重されていれば、芯が強いことと同義である。と考えています。
Posted by ブログ管理人 at 2016年03月28日 22:23
お返事ありがとうございます。

なるほど、理解しました。

ライフネット生命の出口さんが言う、軸を育てるということにも通じそうですね。芯や、軸というのは人生の重要なテーマな気がします。僕は最近考えるようになったのですが、将来の選択肢がたくさんある小中学生のうちから考えたかったです。

たぶん、他人に個が尊重される1ステップ前には、自分で自分の個を尊重するというのがあると思います。それが実はけっこう重要なポイントだと考えています。僕は人の目を気にするタイプで、高校の頃は特に基準が他人でした。それだと芯がないし、育たないと大学に入ってから気づきました。今はもう20代半ばですが、自分の芯をようやく育てています。段々自分の個を尊重できるようになってきました。
Posted by 元大学生 at 2016年04月10日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ