2015年07月22日

生の解

生とは思考か

生きてやがて死に逝く我が人生。

生の意味を考える。

生の意味が分かると同時に、死後の意味も分かるような気がするからだ。

生きる意味は生きているから考えることができる。

死ねば生の意味なんて無意味になる。

なるほど、生きている内に考えねばならない、生の意味。

では、生とはどういう意味か。

生物学的知見はどうでもよくって、哲学的に考えると、

生とは、生きてると実感し、それを認識することが可能である今という不連続かつ刹那な瞬間瞬間を慣性の法則により幅を持った時間まで繋ぎ合せた時空内で思考することだと一般的に思わないか。

思考なければ、生とは何かという謎すら生まれてこない。思考無き世界では、生の意味は消滅する。

思考していても、生きていると実感できなければ、生は感じない。すなわち、生を有していないことになる。

生物学的に生きている人間であればどんな状況であれ、意識すれば生を感じることはできる。

このことから、人間において、思考可能ならば、生を有していると言える。

よって、生は思考と考える。


以上、Q.E.D.

タグ: 生きる
posted by 猪瀬歩夢 at 00:07| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ