2016年03月28日

時間の取り扱い

桜が咲き始め、
もう1年経つのかと。

時間が絶対的でないのは知っていたが。
時間が経つのは早い。

時間は光速という絶対的基準で定義されており、
重力とかが時間を変動させる因子であると言われているが、
人としての常識的、はたまた生理的感覚に訴えてみると
重力云々は本当に正しいのかと違和感が残る。


意図的にすくい取った記憶を観察しても、
時間が長く感じる時もあれば、短くなる時もある。
この経験からいうに、
退屈な時は重力が増えるのか、と誤った結論に
着地しかねない。”相対性”理論の本質を理解していれば、
こんな結論には絶対に至らないのだが。。

話はそれたが、時間の伸縮性は
生理的感覚に訴えてみると確かに存在する。
生理的立場で見れば物理的時間の概念を疑わずにはいられない。

だが、ちょっと考えると生理的な時間の感覚には欠点があることに気づく。
それは時間の伸縮性は過去の記憶を基にした感覚であるという点だ。

今、この瞬間瞬間からは、時間の伸縮性を説明することができない。
すなわち、過去の記憶を繋ぎあわせた一本の経験を基に時間の伸縮性は
生理的感覚によって説明されるのだ。

記憶ほど、信頼に値しないものはない。
記憶ほど絶対でないのだから。
頭の中に蓄えられた記憶は、
書き換えられるし、消去される。誇張されるし、矮小もされる。
脳みその好き放題にされた記憶を基に時間を語るのは危ういと気づく。

したがって、生理的感覚での時間の伸縮性は錯覚であると言わざるを得ない。

記憶の貯蔵のされ方で、時間感覚は変動するが、
実際の時間は伸縮していないと考えるのがよい。
なので、生理的感覚の違いで他者から時間的に取り残される心配はいらないので
安心してほしい。

しかし、光速近くまで加速運動をするときや、
強い重力場付近で遊ぶときは時間的に取り残される恐れがあるので注意して頂きたい。




タグ:時間
posted by 猪瀬歩夢 at 23:45| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング
ブログパーツ