2014年08月04日

他者から評価を求めてはいけない

他者からの評価を望むことはごく自然なことだ。だが、この自然に生ずる心理的願望を現実に求めることは、自分にとって合理的な思考の選択と言えるだろうか。

あなたは、他者から評価されたいと強く願っている。その願望を満たすためにあなたは、その願望に付随するよう、行動することになるだろう(まあ、このとき一種の不自由が生じている訳だが)。例えば、一生懸命仕事を頑張って評価を得ようとするかもしれないし、例えば、人助けをして何らかの形で評価されたいと願っているのかもしれない。このように他者評価要求を抱くことは、何らかの行動を起こさせる活力となるため、あながち悪いこととは言えないし、間違っているとも思えない。

では、あなたはある組織の中で評価要求を根源に誘発した行動を辛抱強く続けていたとしよう。しかし、あなたの持続的頑張りと裏腹に周りからは全く評価されない。あなたの心はいささか不安定な状態であろう。このときのあなたは自身の行動に如何なる評価を下すのだろうか。十中八九、「不可」であろう。

このことは何を意味するのか。他者からの評価要求を目的とした行動(他者評価要求行動)の意味付けは周囲環境に絶対的な決定権があり、その行動が如何に自分のためになろうとも、周りが評価しなければ問答無用で無価値な行動となってしまう。したがって、他者評価要求行動をする者は、周囲から評価されない行動をとることを強く嫌う。すなわち、あなたの行動は周りの評価によって決められており、あなたの行動に自由という二文字は含まれていない。自由の無い行動は、自然に抗うことと等価であるため、膨大な精神的負荷を伴う。よって、他者からの評価要求行動は云わば非合理的衝動と言える。

上記で述べたことから、自然な評価要求はやがて不自然な行動へと至る、というパラドクスが生じていることを示唆しているように思える。しかし、このパラドクスを解く術がある。それは“他者からの”評価を目的として行動しようと思わないことである。そもそも、他者評価要求行動には大きな欠点がある。それは他者からの評価には不確定要素が非常に多い、ということだ。他者から評価されているかどうか知るためにはその評価が何らかの形で、当事者自身に伝わらなければならないという大前提がある。評価が本人に伝わらなければ、たとえ評価されていたとしても、評価されていないということになる。また、他者のする評価の真偽は事実上、評価した本人にしか知りえないため、他者からの評価は厳密には知り得ることは不可能、すなわち不確定なのだ。このことから、他者の評価を目的とするにはリスクが高すぎる、ということに気づく。

ここで、他者からの評価を要求してはいけないのだとすれば、自分の価値を如何に見いだせばいいのかが解らなくなってしまう。しかし、今この思考を受け入れた時点で、あなたは大きな過ちを犯していることになる。それは自分の価値を決めることを他者の課題にしている、という点である。自分の課題を他者に押し付けて、責任逃れしているのだ。

これに従い正しくは、自分の価値を見出すのは他でもない、己自身でなければならない、ということである。我々は他者に評価を要求するのではなく、自分自身に己の評価を要求しなければならない。さらには、他者がどのような評価をしているかは不確定なのだから、他者全員がある一定の評価をしてくれていると考えればいいのである。結局、他者からの評価が「不可」なのか、もしくは「良」なのかを知る術がない以上、自分にとって都合のいい「良」を思考の選択として選ぶことが合理的選択と言えるのではないだろうか。ここにきて「世界を変えられるのは己自身である」という格言が非常に意義深いものであると改めて思う。各個人が認識する世界は己の思考によって映し出されたものであるが故。

まあ、言うまでもないが、ここまでの話は道徳の閾値を越えてはならないということを大前提にしている。明らかに他者に迷惑がかかる行動を、自分に都合のいいように思考の歪曲によって正当化してもいいと言っている訳ではない。他者共存の必要性を顧みず自分の欲望のあるがままに行動するニンゲンは愚の極みである。我々人間が組織に生かされているという事実から決して目を背けてはいけない。我々は仲間なしでは生きていけないのだから。


posted by 猪瀬歩夢 at 22:44| 京都 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

組織化された知識は神の力となる

知識は沢山あれば、いつかは役に立つと思われている。だが、その知識は本当に使える知識として脳に記憶されているのだろうか。

「空は青い」という情報を記憶しただけでは何の役にも立ちそうにない。役に立つ知識とは何か。十中八九、理解された知識だろう。空が何故青いかを理解することではじめて「空は青い」という情報に大きな価値が生まれる。なぜならば、理解することで、「空は青い」という情報は、他の複数の情報と関連し、組織化されるためだ。他の情報とは、例えば、光とは何か、物体に固有の色があるわけ、虹がなぜできるか、夕焼け空がなぜ赤いのかなどである。

「空は青い」という情報は他の情報と組織化されることで、大きな意味をなす。我々人間が組織化された集団を目の当たりにしたとき、計り知れない強大な力を感じることは多々ある。しかし、その力は漠然として実際に存在しているのかわからないでいる。だが、大規模に組織化された国家に対しては、一人間の力では到底太刀打ちできないことは自明的であり、確かに強大な何かしらの力は存在していると思われる。この強大な力は現在、人間の手によって神という象徴として隠喩され、誰にでも認識しやすいものとなっている。

したがって、神の力とは組織化された集団にはたらく力そのものだ。知識も組織化することで、神のごとし強大な力をもつと考えられる。当然、知識が烏合の衆になってはその知識が役立つことは期待できないのは明白だが。知識が組織化され、その組織化された知識が多ければ多いほど、それによって生じる神の力は指数関数的に大きなものとなる。

我々には現時点で既に多数の知識が記憶されている。そこへ新たに取り入れられる知識が元々記憶されている知識と組織化できるか否かで、得られる知識の価値に天と地の差が生まれる。

では、如何にして知識が元々ある知識と組織化されるのか。それはシンプルで、理解された知識を得ることである。これから知識を増やすときは、理解された知識、意味付けされた知識が大きな力を成すことに留意したい。
タグ:組織化 知識
posted by 猪瀬歩夢 at 13:52| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

完全への誤解

一般的に我々の思い描く完全とは、すべてのひとに好かれ、すべてのことを完璧にこなせ、悩み事がなく、何不自由なく幸せな人生をおくっている自分なのであろう。要は、自分の理想をすべて手にして全ての欲が満たされたとき、いわば完全な状態であるということだ。この完全は時間に依存しない一定の抽象的な定義である。


抽象性を落し、各々の完全についてより具体的に考えると、完全とは相対的であり万物受けする絶対的な定義は存在しないことになる。すなわち、我々の思い描く一定の完全は絶対的に正しいとは言えないのである。ここで、我々は1つの完全の定義に固執する習性があることを無視してはいけない。完全を1つに定め、それに憧れ、目指していること自体が危うくもある。


今この瞬間に、自分の思い描く「完全な自分」は本当に完全であるのか。この疑問が生まれてくるのはごく自然なことである。なぜならば、時間の経過に伴い完全の定義は変化していくのだから。我々は皆、人間社会で生きており、その中で生じる対人関係は流動的なのだから思い描く理想はそれに応じて変化する。だから、明日になれば昨日の完全が否定されるかもしれない。しかし、我々は己の思い描く完全の定義は不変であり、時間に依存しない絶対的なものであると考えている。


では、その思い描く完全な自分であろうとすることは賢い選択といえるだろうか。一定の完全を目指して日々鍛錬することは愚かであると考える。なぜならば、上述したように完全の定義は日々変化するからだ。変化する完全を無視して、古い完全を尊重するのは柔軟性に欠けていると言わざるを得ない。それは環境適応能力の欠如した自分を形成することに他ならない。


ここで疑問が生じる。完全は本当に存在するのか。存在すると考えるなら、その完全は本当に正しい完全なのか。私の考えでは、完全は存在しない。もっと正確に言えば、完全の定義はいろいろな事象が複雑に絡み合うことで高次元化するが故、我々は真の完全に気づくことができない、ということだ。我々人間の考え得る完全は、真の完全にほど遠く、決してそれに及ばない。すなわち、我々の思い描いている完全は真の完全からすれば場違いであり見当違いであるのだ。だから、信頼性に欠ける完全を目標とすることは賢い選択とは言えない。


では真の完全とは何か。自然淘汰されたこの世界そのものがそれにあたると思う。自然こそが完全であるということだ。自然は刻一刻と変化し続け、それに伴い完全を変化させる。自然の流れに身をゆだねたとしたならば、そのときが真の完全を手に入れる好機なのかもしれない。すなわち、自然の変化に伴う自分の変化を適切に把握することこそが重視すべき観点なのである。


まあ、我々はこのような真の完全のことを不完全と呼ぶが。
タグ:完全 誤解 完璧
posted by 猪瀬歩夢 at 22:45| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

不完全の美


完全ほど不自然なことはない。完全とは人為的で違和感がある。完全であろうとすればするほど対人関係での振舞いはぎこちないものとなる。

人は動物を見ることで癒される。人は子どもをみることで癒される。それらは全て、不完全であるが故だ。不完全であることが自然で最も美しい。完全である必要はない。完全になろうとすればするほど不自然になり、かえって悪い結果を招く。これは完全の不完全である。

人工物は自然以上の感動を与えてくれることはない。人工物で感動を与えるものすべては、自然から生まれたものである。アイディアは厄介なことに意図的に得ることはできないが、自然の中、すなわち自然体であるときにふと思いつくものである。そこから生まれる芸術こそ、人に感動を与えるものだ。

人は自然を好む生き物だ。人をはじめとするすべての生き物は自然淘汰によってできた結晶なのだから。自然無くして我々は存在しない。

優しさは自然にできてこそ優雅で美しく、賢さはにじみ出てこそかっこいい。そこに人為的思考を挟む余地があってはならない。個性とは無意識の言動をもとにして客観的に他者から受けいられるものである。無意識の行動は自然的行動である。対して、意識的行動をとることは不自然であるが故、個性を自ら覆い隠すことになる。自分に自信のない人がそうするのだろう。自信のない人は自分をつくろい、他者から否定されたとしても、その他者が否定した自分なるものは本当の自分でないと、言い訳することができる。このような人は人間不信に陥り、対人関係の不得手化が生じる。そうなればあなたは周りを避け、周りもあなたを避け、孤独となる。揚句の果てにはその状況を正当化する信念を形成し、そこから脱することが困難な状況を見事に作り上げる。

不自然はエネルギーを膨大に浪費し、最終的に孤独を生じさせる。一方の自然とはありのままの自分を受け入れ、エネルギーを浪費することなく、すなわち自然に自分をさらけ出せる状況そのものである。それは他人の価値観を主観的な立場から作り上げた幻想に影響されて引き起こす行動を指す状況、いわゆる我々の言う完全では決してない。

無心と自然。両者は重要な関係である。

posted by 猪瀬歩夢 at 23:26| 愛媛 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
ブログランキング